ひまわり畑 田舎暮らし 資源活用

しょぼいひまわり畑を自作してます。田舎の土地活用。

投稿日:

しょぼいひまわり畑を作っています。

インスタとかで話題になるひまわり畑。数十ヘクタールでウン十万本のひまわり畑。

うちのは大体0.8反、8アールくらいです。蒔いた種は700個くらい。発芽するのが8〜9割ってとこだったので、500〜600本ってとこですかね。

まぁしょぼいです。でもいいんです。

たったこんだけでもひまわりは大きな花を咲かせるし、畑全体がひまわりになるとそれだけで目を惹きますしね。

何より「自分でひまわり畑作っちゃったいえーい」って感じがいいです。

そして植えたひまわりはタネが食用になる品種。

タネがたくさんできたら収穫・ローストしてポリポリおつまみにするのです。来年分量を増やしたらあわよくば商品か・・・wなんてね。

植え方は、

第一段:5月半ばにセルトレイ→畑へ定植

発芽するかの心配、鳥によるタネの食害などを心配して、1段目として150本ほどを苗にしてその後定植しました。発芽率は90%近くあり、大変良かったです。

ただしここから先がダメでした。

農地の準備に時間がなんだかんだ慌ただしくできず、発芽した苗をなかなか定植出来ず。

この間に小さなポットで苗が生育不良となってしまいました。

なんとか耕起し、定植。

この作業ももーしんどい。一人でやってられん。

仕事から帰ってきて暗くなるまで1〜2時間を3日くらいかけました。で、残りの種は約500個。

「いや、もうムリだろwww」

ということで、

第二段は7月前半にじか播き。

鳥は心配でしたが、ひまわりの種は多少土をかぶせて種まきするので、心配したような食害はありませんでした。

ただし、子葉が虫にかじられることは結構ありました。まぁこれはやむを得ないでしょう。

いずれにせよ直播することで500粒の種は3時間くらいで撒くことができました。

そんでも十分しんどかったですがwまぁ無事終わってよかったです。

直播した種は、4日くらいで早くも発芽。だが、同時に雑草達が伸び始める。ここからは雑草との戦い。

というわけで今度は一人で草むしり大会。

畑全体を草むしりしたら余裕でくたばるので、苗の周りだけを草むしり。それでも全部で8時間くらいはかかったかと思います。

「農地あると楽しぃー」

なんて言ってますが、やっぱ全然楽じゃないっす。しょぼいひまわり畑はしょぼくても労働量はしょぼくないっす。

それでも完成を夢見て、次は追肥をしたいと思っています。

追記:

第一段の苗から定植組が開花してます。

5月15日くらいに蒔いて、7月31日に2本の開花を確認。

昨日8月7日に計8本の開花を確認。とても嬉しい。

ちなみにセルトレイで長期過ごし、生育不良となってしまい、最大3m程度まで育つ品種にも関わらず50〜80cmくらいまでしか育っていません。

こりゃミスりました。でもまぁ可愛らしいんでいいですが。

第二段は目指せ3mです。

農地関連記事

-ひまわり畑, 田舎暮らし, 資源活用

Copyright© 限界集落再開拓日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.