古民家暮らし 地域おこし協力隊 田舎暮らし

古民家の敷地内に自生する山椒が完熟。清涼な香りと絶妙な刺激。

投稿日:

我が家の裏庭に自生する山椒の木。初夏には青い実を付ける山椒の木ですが、10月ごろには完熟し、真っ赤になります。

完熟した実の果皮部分は、水分を失っていくと縮むため破けのですが、そうすると果皮の中から黒く光った種がでてきます。

完熟した山椒の赤い部分を集めて、潰して料理に少し加えると清涼な風味と刺激的なピリピリ感が舌先に伝わりなんともいえない美味しさ。先日はそうめんに入れてみましたが、これまた美味。刺激の強いかぼすとかみたいな感じでした。

ちなみに山椒はミカン科の植物だそうで、そういわれてみれば清涼感のある香りはミカンの皮に似てるかも?と思いました。


この山椒、とっても美味しいのですが、いかんせん手間がかかる…。山椒に限らず山間部ではその辺でいい食材が自生しているにもかかわらず、市場になかなか出回らないのは結局のところ手間と収量がどうにも厳しいと、自分が暮らしてみて実感しました。

そういう天然品に簡単に手を出せるのもここの暮らしのいいとこです。

-古民家暮らし, 地域おこし協力隊, 田舎暮らし

Copyright© 限界集落再開拓日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.