カモミール 田舎暮らし

農地整備〜岩石採掘編〜石ならぬ岩拾いを一心不乱に進める日。

投稿日:

こんにちは。秋も深まりつつあり、夜も冷え込むようになってきましたね。

秋の空気に体を慣れさせるにはまだしばらくかかりそうですが、暖かい格好と暖かい食べ物飲み物を摂って元気にやっていきましょう。

さて、今日も引き続き台風の影響を受けた農地の整備をしていました。

風でデロデロになったマルチを直してつつ農地の整備をしていたのですが、出るわ出るわ、大量の石。というかもはやこれ「岩」だろっていうのが。


トラクター で耕運していると大量の石を起こしてガックンガックンとトラクターが振動するこの農地。

地元の人に聞いたら、「あそこは一番石多いとこやぁ」と。「マジすか…💦」といいつつもやるしかない。

今日作業したところはとりわけ多く、ついに岩レベルのものが複数でてきました。直径わずか1m程度の場所からこの石の量。え、なんなのこれ?

でもまぁ今年がんばれば来年楽になるはず…?と思いきや、ウワサによると夜中に妖怪:石撒き爺というものが石をいっぱい撒いて、翌年には元に戻るそうです。笑

おそらく農地の深いところに石がたくさん入っている層があって、今年石が減った分来年はより深くトラクターが入ってしまい、結局下から石が湧き出してくるということなんじゃないかなぁなんて思っています。

これがレアメタルとかならいいのになぁと戯言を吐きながら必死に一輪車を転がすのでした。新米百姓はまだまだ奮闘してまいります。

つづく…

-カモミール, 田舎暮らし

Copyright© 限界集落再開拓日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.