ひまわり畑 田舎暮らし 資源活用

500本の食用品種で作るゆるいひまわり畑がついに満開

投稿日:

遅ればせながら我が家の「ゆるいひまわり畑」が満開となりました。総本数は約500本。ちまたの映えるひまわり畑には遠くおよびませんが、真夏に取り残されたようなこの自分で育てたひまわり達が大変愛うございます。

二枚目は顔中にひまわりの花粉をくっつけながら夢中で蜜を吸う大変可愛らしいミツバチ。

今年試してみてかなりイメージが掴めたので、来年はひまわりの密度、農地も拡大して500本から3,000〜6,000本を目指します。

個人の思いつきでやっているようなことですが、耕作放棄地の活用や地域の景観向上にも繋がったらいいなぁ〜と思います。

11月中旬に種の収穫イベントも計画中です。食用のひまわりですので、炒めてナッツとして試食もする予定。

「インスタ映え、なければ作る、田舎民」(字余り)
というしょうもない合言葉を胸に来年はもっと精進いたしますwww

台風でなぎ倒されませんように・・・

-ひまわり畑, 田舎暮らし, 資源活用

Copyright© 限界集落再開拓日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.